BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2010年09月24日

厚生労働副大臣の一年間を振り返って Ⅰ


KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 116-2 116-3 116-4 116-5

この度の菅直人改造内閣の発足に伴い、厚生労働副大臣を辞し、民主党の財務委員長に就任させていただきました。心機一転、与えられた新たな任務に邁進して参ります。

昨年の9月18日に厚生労働副大臣を拝命し、皇居での認証式からちょうど一年。ご承知の方もいらっしゃると思いますが、私の座右の銘は「愛と感謝」です。その気持ちを携えて公務に誠心誠意打ち込ませていただきました。

そこでこの一年を振り返り若干の所感を皆様にご報告したいと思います。

9月、就任して10日も経たずに現地1泊の日程で、パリで開かれた「OECD雇用・労働大臣会合」へ参加致しました。政権交代後の新政権の雇用対策の考え方についてスピーチしました。

10月、厚生労働省を代表して政府税制調査会に参加しました。平成22年度の税制改正において、扶養控除の見直し、たばこ税率の引上げや一人オーナー会社課税制度の廃止など、納税者の視点に立った見直しを行いました。
医療機関に支払われる診療報酬を10年ぶりに増額改定をしました。医療行為や薬などの単価となる診療報酬は、医師の技術料などの「本体部分」と薬や医療材料などの「薬価部分」に分かれています。診療報酬を引き上げることで、医師不足が特に指摘されている産科や救急などの勤務医へ重点的に配分できます。
政治主導を掲げて民主党政権が発足し、一つ一つの政策を具現化することは容易なことではありませんでした。マニフェストの優先課題は「子ども手当て」、「年金改革」でありましたし、同時並行で国民の皆様の日常的な関心を集める医療・介護の諸問題も解決していかなければなかったからです。
長妻昭大臣に細川律夫副大臣(現大臣)、山井和則政務官、足立信也政務官そして私。この5人で何万人もの職員のいる役所で政治主導を発揮することは容易なことではありません。法案審議、予算審議を乗り切るためにまさに夜通しの缶詰状態の生活も体験しました。国会答弁にも立たせていただき、国民の皆様の信頼回復へ懸命の努力を続けてまいりました。


2010年09月24日

厚生労働副大臣の一年間を振り返って Ⅱ


115-1 115-2 115-3 115-4

4月に長妻昭大臣の代理で、ワシントンで開かれたG20雇用労働大臣会合に出席し、各国の雇用政策の好事例を発表し意見交換を行いました。G20ピッツバーグ・サミットの議長であるオバマ大統領に直接報告もしました。

5月にはスイス・ジュネーブで開かれたWHO総会で政府代表演説をしました。また、国際赤十字社の本部を訪問し、近衛忠輝日本赤十字社社長とお会いしました。

6月、菅直人内閣の発足に伴い、引き続いて厚生労働副大臣を拝命しました。厚生労働省の政務三役は全員再任でした。

原因が不明で治療が極めて困難な病気が日本には何千もあると言われています。難病を抱える方々のお話、認知症で苦しむ方々のお話が私の脳裏にしっかりと焼きついています。

厚生労働省を代表して多くの大会で挨拶をさせて頂きました。島根県松江市で、皇太子殿下もご臨席をされ「第46回献血運動推進全国大会」が開催されました。献血の推進に多大な功績を上げられた皆様に、表彰状をお渡ししました。

9月、後任の藤村修代議士に厚生労働副大臣の職を引き継ぎ、職員の皆様に挨拶をさせて頂き、厚生労働省職員の皆様に見送られ役所を後にしました。1年間という短期間ではありましたが、本当にお世話になりました。

政治に何が求められ、何ができうるのか。まさに政権交代後の政治主導のもとで、「愛と感謝」の気持ちを堅持しつつ全力疾走の一年間でした。この経験を更にスケールアップして国民が主役の政治を進めて参ります。

引き続きのご支援をお願いしますとともに、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしております。