BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook
長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2007年06月22日

朝の駅頭「千葉駅」


7-1

7-2

 

今朝は千葉駅前にて、白鳥誠千葉市議と街頭演説を行わせていただきました。

 

国会では、今日にも会期延長が決定します。政府与党は公務員改革法案を通すのが目的と言っていますが、この法案では天下りを防止することはできません。民主党が天下り全面禁止の法案を出しているにもかかわらず、わざわざ別の法案を出してくるということは、むやみに会期を延長させて年金問題を風化させたいとの目論見が見え見えです。
民主党は、年金問題の風化も天下りも許しません。みなさんのために絶対に参院選は勝ちます!


2007年06月21日

朝の駅頭「舞浜駅」


6-1

6-2

今朝はJR京葉線舞浜駅にて、矢崎堅太郎県会議員と堤昌也浦安市会議員とともに街頭演説をしました。ここ舞浜には「夢の国・ディズニーランド」があります。しかし今の政府与党は、国民を無視した法案を党利党略のために通過させるべく、国会の会期を延長しようとしています。そんなことが許されるはずがありません。このまま安倍政権が続けば、美しい国どころか「夢のない国・日本」になってしまいます。それだけはなんとしてでも阻止しなければなりません。

 


2007年06月17日

「消えた年金を取り戻せ」街頭演説会


3-2 3-33-1

 

昨日の15時より、浦安駅前広場にて、「消えた年金を取り戻せ」街頭演説会を行ないました。弁士に民主党国民運動委員長の野田佳彦衆院議員、社会保険労務士で年金の専門家である内山晃衆院議員を迎え、そして地元から村越ひろたみ前衆院議員、矢崎けんたろう千葉県議、堤昌也浦安市議もマイクを握りました。
年金問題は、皆さんにとってとても重大でかつ関心のある問題らしく、100人以上の方が立ち止まって聞き入っていました。

 

演説が終わるや否や、多くの方から年金相談を受け、そして悲痛な叫びを聞きました。ひとりひとり丁寧に対応させていただきましたが、この問題の重要性を理解できていない政府与党に改めて怒りを感じずにはいられません。
演説が終わってから1日経った今でも、事務所には年金の問い合わせが止みません。1日も早く政権交代に追い込み、みなさんのための政治、裏のない「ガラス張りの政治」を行なうために、頑張ってまいります!

 

熱弁を奮う弁士たち
上段左から
野田佳彦(衆)・内山晃(衆)
下段左から
村越ひろたみ(前衆)・矢崎けんたろう(千葉県議)・堤昌也(浦安市議)
※順不同敬称略


2007年06月13日

柏駅街頭演説会


4-1 4-2 4-3 4-4

 

昨日は枝野幸男衆院議員を招いて、柏駅西口デッキ上にて街頭演説会を行ないました。弁護士でもある枝野さんは弁論が上手で、年金など重要な諸問題をわかりやすく話していただき、多くの方が聞き入っていました。

 

私も柏は地元なので、いつもよりも気合が入り、熱弁を奮わせていただきました。

 

地元からは松崎公昭前衆院議員をはじめ、多くの議員の方が応援に駆けつけてくれました。そして200人以上の方が足を止めていただき、本当にありがとうございます。これからも頑張っていきますので、引き続きご支援のほど、宜しくお願い致します。


2007年06月09日

事務所開き


2-3 2-2 2-1

本日14時半から事務所開きを行いました。多くの支持者の方々に参加していただき、そして多くの議員の仲間が応援に駆けつけてくれ、本当にありがとうございました。

事務所が開かれたということで、いよいよ選挙モードに突入、心が引き締まる思いです。今の世の中は、年金問題をはじめ、おかしなことばかりです。日本新党で政権奪取したときの思いをまたここに、私が先頭に立って政権交代で世直しをします。みなさん、私を見ていて下さい。必ずやみなさんのために、やってみせます!

 


2007年06月07日

民主党パーティー


1-1 1-5党の2007年のパーティーが6日夕、都内で開かれ、夏の参議院選挙での勝利、国民のための政治の実現を誓い合った。  パーティーは、牧義夫衆院議員の司会で進められ、冒頭、北澤俊美副代表が、「参議院選挙で勝利し、与野党逆転、逆転の夏で、幸せの国作りへ同意いただきたい」と開会の挨拶をした。  小沢一郎代表が、来賓、来場の皆さんに謝意を述べた上で、「日本の政治、日本の将来の歴史を左右する参議院選。逆転の夏にふさわしい成果を挙げなければならない。全く国民を顧みない政治・行政が行われている。これを阻止、転換しなければならない。与野党逆転の大目標に向かって、国会を通じて、国民の声をさらに大きく広げ、自公政権を打倒しよう。政界に身を置き38年間、馬齢を重ねた。いま、日本の政治を変えなければ、日本は行き着くところまで行ってしまう。国民は見捨てられたままになってしまう。この夏の一戦に、政治生命の全てをかける」と力強く挨拶、夏の参議院選挙の勝利を誓った。

控室では、この大事な戦いの挑戦者たちと互いに称えあった。


92 / 92« 先頭...8889909192