BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 国民民主党
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2012年02月03日

いただきものⅢ


185-1

千葉県の香取市産、ゴールデンキウイ。

インフルエンザも流行っているので
ビタミンを取り、
北北西を向いて、
恵方巻きにかぶりつき、
豆まきをし、
体調管理につとめます。。。


2012年01月23日

記者ブリーフin官邸


184-1

国会提出予定の法案など副大臣会議で議論されたことについて報告しました。

いよいよ明日から通常国会です。

 


2012年01月19日

世界青年の船


183-1 183-2

昨年の10月に私も参加したことがある「東南アジア青年の船」の皆さんと官邸でお会いしましたが、今日は「世界青年の船」の方々がいらっしゃいました。今回で24回目だそうです。

世界の青年たちと乗船し、世界各国をまわりながら相互理解や精神、実践力、指導力をつけていく事業です。グローバルな視点で交流、友好関係を築いてほしいものです。


2012年01月18日

柏の葉キャンパス


182-1182-2

本日、官邸において『総合特別区域』『環境未来都市』の指定書、認定書の授与式が開催されました。
私の地元であります柏市の柏の葉キャンパスが、東京大学、千葉大学、三井不動産株式会社、スマートシティ企画株式会社、柏の葉アーバンデザインセンター、TXアントレプレナーパートナーズと連携し、地域活性化特区として、また、政府が進める環境未来都市構想実現のプロジェクトとして指定され、「公民学連携による自律した都市経営」に取り組んでいくことになります。国は指定した地域に対し規制の特例措置を中心に税制・財政・金融上の支援を複合的に後押ししていきます。


2012年01月16日

記念撮影


181-1181-2

副大臣、政務官の記念撮影がありました。
今回はほとんどが再任でしたが、松原国交副大臣の後任に吉田おさむ先生が新任されました。


2012年01月13日

野田改造内閣発足


179-1 179-2179-3

本日、野田改造内閣が発足しました。
私は内閣官房副長官留任となりましたので引き続きご指導くださいますようよろしくお願いいたします。


2012年01月12日

いただきものⅡ


177-1

鳥取県産の「まつりか」といういちごをいただきました。
とっても大きく、そして甘い!


2012年01月04日

御用始め


176-1176-2

176-3176-4

176-5

今日から本格的な仕事始めです。

本年もよろしくお願いいたします。

今日は昼前に官邸を出発し、伊勢神宮に行って参りました。

外宮から内宮へと普段は入れないところまでお参りさせていただきました。

大変神聖で貴重な体験でした。


2011年12月30日

インド


DSC_0005178-2

178-3DSC_0019

DSC_0023

国土面積でも人口でも日本の約9倍の大国インドに国賓として招かれた野田総理に随行してきました。国会日程や予算編成等の事情により12/27の昼前に出発し、翌日の夜にデリーを離れ夜行便で12/29朝帰りという弾丸ツアーでした。もっとも総理の海外出張はいつもこんな感じですが・・・。なお帰国した日は終日「社会保障と税の一体改革」素案が党側で議論され、総理は深夜まで出席していましたので、恐るべき体力、精神力、胆力であります。

インディラ・ガンジー国際空港に着陸してまず気づいたことは霧というか靄というか要するに霞んで視界が悪いのです。水蒸気とスモッグが混じってこの季節特有の現象のようです。呼吸器系の粘膜が弱い私にとっては忌々しき事態でした。私が子どもの頃の日本でも高度経済成長下で公害問題が発生し、多くの国民が苦しみました。徒歩から自転車、そしてバイクから自動車と日常生活は便利になったとしてもその代償としての健康被害は許容できません。環境先進国として日本が貢献できる分野でしょう。インドはここ数年日本の最大のODA供与国であり、道路、鉄道、街づくりといった公共インフラ整備を進めています。また、視察先の病院で日本が医療機器を無償資金協力していることが多くの医療関係者そして患者さんから感謝されていることを実感しました。
79歳になられる哲学者的雰囲気を持つシン首相(実際は経済学者)は在任7年。首脳会談ではインド経済自由化の立役者として、また財務大臣としても大胆な経済改革に取り組まれた実績をベースにして穏やかに息子の世代の野田総理に語りかけておられました。アジア太平洋地域が注目を集める昨今、良好な日印関係が構築されたことは大いに意義のあることと思います。


2011年12月22日

東北の子どもたちにパンダを


175-1175-2

東北の子どもたちにパンダを見せてあげたいと活動を続けてこられた黒柳徹子さん、近藤真彦さん、仙台の副市長さんが官邸にいらっしゃいました。総理から中国に行った際に話を進めてきますと政府としても後押しすると申し上げました。

子どもたちに少しでも多くの笑顔がもどることを祈っています。