BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2014年11月21日

スタッフブログ【衆議院解散】


20141121b  20141121a

 

衆議院が解散し、いよいよ選挙突入です。衆議院本会議後、党本部で両院議員総会が開かれ最後は全員当選を目指し“頑張ろうコール”で締めました。参議院側は全力で応援に努めます。
秘書同士も固い握手で必勝を誓い合いました。
一人でも多くの仲間に帰ってきてほしい。


2014年11月17日

大義無き選挙?


20141117g  20141117h

20141117j

 

週明けの月曜日、肌寒い季節になってきましたね。今日は午前、「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」に出席し、午後は国際協力に関するシンポジウムへ。〈仁義無き戦い〉か《大義無き選挙》か訳がわからない永田町界隈ですが、『国際情勢複雑怪奇⁈』では済まされません。数百億円かかる!と言われている総選挙の間に世界の動きから日本が取り残されないように気をつけないと…


2014年11月17日

スタッフブログ【北朝鮮による拉致問題特別委員会】


20141117a  20141117b

 

今日は北朝鮮による拉致問題等の特別委員会で、拉致被害者の方々が帰国された際に安心して暮らせるように生活基盤の再建などを支援する法案が質疑を省略し全会一致で可決されました。
この国会で成立しなかった法律案は廃案となるため、衆議院の解散が想定される中、委員会での質疑時間を短縮したり省略するなど立法府の姿として健全とは言えない状況が続いています。


2014年11月13日

スタッフブログ【環境委員会】


20141113a  20141113b

 

解散風が吹いていても、永田町では法案審議が淡々と行われています。国民の生活に影響を及ぼす大事な法案などはこの国会での成立を目指します。環境委員会では汚染廃棄物の保管をめぐる法案審議に有識者の方々を招いて意見を伺いました。


2014年11月10日

スタッフブログ【佐原の山車行事】


D  D

 

「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録を支援する議員連盟が設立しました。千葉からは佐原の「佐原の山車行事」が平成16年に国の指定を受けており、他には京都の祇園祭など32行事が指定されています。ユネスコへの登録はというと今年3月に提出しましたが各国からの申請が多く、無形文化遺産の登録がない国を優先すると言うことで日本は来年の3月に再提出することとなりました。


2014年11月09日

スタッフブログ【八街市長選挙】


20141109a  20141109b

 

落花生の生産日本一で有名な八街市で市長選挙が行われました、民主党が推薦している現職の北村新司氏のほかに立候補の届け出はなく、北村氏の2回目の当選が無投票で決まりました。出陣式では誰もが安心で安全な住みやすい街づくりに取り組むと話されていました。ご当選おめでとうございます。


2014年11月05日

スタッフブログ【街の酒屋さん】


D  D

 

「街の酒屋さんと共に歩む議員連盟」の設立総会がありました。“決して酒飲みの集まりというだけではありません!”という開会挨拶から始まり、海江田代表からは民主党立ち上げの話は麻布十番の居酒屋から始まったというお酒にまつわるエピソードも。
小売酒販組合の方からは規制緩和で酒類小売業免許が実質自由化されたことにより地域に貢献してきた酒屋さんが71,000件倒産し、約3700人が自殺失踪している地域の厳しい現状を伺いました。


2014年11月03日

スタッフブログ【市制記念式典】


20141101a  20141103a

20141103b

 

成田市制60周年と市川市市制80周年記念式典に参加いたしました。
成田市は昭和29年、市川市は昭和9年に市制を施行いたしました。
豊かな自然と先人の築き上げた歴史・文化・伝統を再認識し更なる発展と将来に向けた飛躍を目指さなければなりません。
「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の次世代に誇れる町、生涯を完結できるまちづくりのより一層の推進を図る契機としていきたいと思います。


2014年11月01日

スタッフブログ【市川こども支援】


20141101b

 

市川子供子育て支援施設大会に参加いたしました。
振り返ると官房副長官時代の平成24年8月に 子ども・子育て関連3法が成立しました。この法律は、我が国における急速な少子化の進行や家庭や地域を取り巻く環境の変化に鑑み、一人一人の子どもが健やかに成長することができる社会の実現に寄与することを目的としました。
いよいよ来年4月より「子供子育て支援制度」が新しく変わります
○質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
○保育の量的拡大・確保
○地域の子ども・子育て支援の充実の3つを軸とした新しい仕組みで、消費税引き上げによる増収分が活用されます。
社会保障と税の一体改革の一つであり、子供を社会で育てる目的であります。