BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2013年06月23日

季節の移ろい


1016050_148928675298997_1258398793_n 936406_148928701965661_1591457464_n

迷ったけれど噴霧は止めた。自然のままに…まもなく蝶が舞う。紫陽花は盛りをすぎ、双葉、四葉だった向日葵は1メートル程の丈になった。季節は移ろい確実に夏が近づいている。今日も暑そうだなぁ。


2013年06月22日

東葛飾郡


7437_148687328656465_1969658922_n 992972_148688321989699_304604396_n

東武野田線高柳駅。かっての東葛飾郡沼南町。20年前に初めて国政に出た時は東葛地域には関宿町もありました。もっと前は浦安も東葛飾郡浦安町でしたね。これから船橋で乗り換えて千葉に向かいます。


2013年06月21日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑨ いじめ防止対策推進法が成立


本日の参議院本会議で、「いじめ防止対策推進法」が成立しました。この法案の骨子は、「いじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するため、いじめの防止等のための対策に関し、基本理念を定め、国及び地方公共団体等の責務を明らかにし、並びにいじめの防止等のための対策に関する基本的な方針の策定について定めるとともに、いじめの防止等のための対策の基本となる事項を定める。」というものです。

 

最近は、いじめから自殺に追い込まれるような深刻な状況が多く、被害者の自殺ではじめて、いじめが表面化するといったことも多々あります。この法律は、児童・生徒がけがをするなど重大な事態・被害が起きた場合、学校が事実関係を調査し、児童・生徒、そして保護者に対して情報を知らせること、自治体等への報告を義務付けました。

また、学校裏サイトなど、インターネットを使ったいじめへの対策の推進も定められました。

 

法制化で、深刻ないじめ対策は前進したのは間違いありませんが、それだけでは問題は解決できません。人間関係は非常に難しいものです。まず大人が、きちんと子どもと向き合う必要があります。自分の子どもが、被害者にも加害者にもなりうることを肝に銘じなければなりません。学校側も、先生たちは、子どもたちときちんと向き合う必要があります。そして、いじめが起こってしまった場合、被害者、加害者の両方へのフォローも大事です。

 

この法律が成立したことは、単なる法制化をしたということではなく、みんながいじめ問題に対して、よりしっかりと向き合うキッカケになるものだと思います。もう、子どもの自殺したニュースは聞きたくありません。みんなで、子どもたちが安心して暮らしていける社会にしていきましょう。

 


2013年06月21日

雨の東京駅といえば・・・


1001797_148451845346680_620457899_n 1013701_148451858680012_1002959847_n

本会議中に降り出したみたい…。雨、駅となるとどうも演歌調になってしまう。

これからしおさい5号で出発、あずさ2号ではありません。


2013年06月21日

★☆★ 野田佳彦・前総理 応援に来る! 6/25(火) ★☆★


12:00~ 船橋駅北口 / 12:45~ 本八幡駅 / 16:30~ 我孫子駅南口


2013年06月21日

孤独な群衆


946497_148427815349083_975741257_n 8559_148427842015747_8681426_n 9366_148427832015748_1364894162_n 1002234_148427862015745_1355985162_n

海浜幕張の天気は曇り。時間の移り変わりとともに乗り降りする人の数が大逆転の駅。早朝はは駅に向かう人の波、8時半を過ぎると潮目が変化。今度はオフィスビルに向かう駅からの人々。リースマンの「孤独な群衆」がふと脳裏をよぎった。


2013年06月20日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑧ 子どもの貧困対策推進法案が成立


昨日の本会議で、「子どもの貧困対策の推進に関する法律案」が成立しました。この法案の骨子は、「生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給等を行うための所要の措置を講ずる」というものです。

 

この法律の目的は、貧困の状況にある子どもたちの健やかな成長、教育の機会均等などを図ることです。そして、子どもたちが夢と希望を持って生活することができる社会の実現を目指します。

 

実際のところ、日本の子どもの貧困状況はどうなっているのでしょうか。ユニセフによりますと、日本の子どもの「相対的貧困率」は2009年時15.7%で、OECD35ヶ国中9番目、先進20カ国中ではアメリカ、スペイン、イタリアに次いで4番目に高い貧困率です。片親の家庭に限定すると、50%を超えます。また、日本の貧困な子どもたちは約305万人。先進国では、およそ10人にひとりが日本の子どもとなります。

 

驚くべき数字ですが、単なる数字のマジックで実際はそんなことはないだろう!と思う方も多いと思います。この「相対的貧困」とは、「社会において当たり前と思われていることをするのが困難となる生活水準」です。決して生きていくことが難しいほどの窮状ではありませんが、友達と遊ぶ、学校に行く、学校行事に参加する、家族旅行をする、といった「ふつう」の生活ができない状況です。標準所得の半分以下しかない世帯を相対的貧困と定義されています。

 

休みの日にお友達同士でお出かけしようと思っても、子どもを遊びに行かせるほどの金銭的ゆとりがない、金銭的理由で修学旅行に参加できない、いつも同じ服を着ている、毎日お風呂に入れない、などの例が挙げられます。このような状況ですと、いじめに遭ったり、他人の目を気にするなどで、不登校になってしまうこともあり、子どもにとって、まともな学校生活を送ることができません。

 

また、子どもの学力は、親の所得に比例するとまで言われています。大学などの高等教育への進学も所得と関係しますし、学習塾へ通わせられるかも、そうです。そしてそれは、大人になってからの就労や収入にも影響し、相対的貧困の中で育った子どもの、そのまた子どもたちも貧困状態になってしまう「貧困の世代間連鎖」に陥ってしまいます。

 

それでは、日本は今まで、どのような対策を採ってきたのでしょうか。

 

市場を通じて配分された所得の格差を是正する「再配分機能」というものがあります。税金や社会保険料を国民から徴収し、社会保障として国民に給付するということです。ユニセフによりますと、この「再配分前」と「再配分後」の貧困率を比較した場合、日本は下から3番目で、「再配分前」も「後」もほとんど変わらないという状況です。それどころか、以前には、むしろ「再配分後」に貧困率が上昇したときさえあります。これは、日本の社会保障制度に問題があります。社会保険料は誰からも徴収されますが、日本の社会保障の給付は、年金や医療へがほとんどで、主に高齢者への給付に回され、子育て世代には児童手当以外には還元されていません。

 

日本は「未来への投資」が非常に遅れています。子どもの貧困対策推進法案が成立はしました。しかし、これだけではまだまだ足りません。もっともっと、子どもたちの未来のために力を注ぐ必要があります。そしてそれが、輝きのある日本をつくることに繋がっていくのです。


2013年06月20日

あぁ 太平洋


1005573_148212578703940_1308374391_n 1017595_148212592037272_1934325379_n 5767_148212605370604_1760280081_n 5857_148212625370602_661562753_n

南房総の千倉。豊かな海の恵み。


2013年06月20日

朝の駅頭はお休み・・・


993758_148188198706378_287883042_n 390067_148188222039709_277175972_n 945931_148188285373036_43517768_n 1010457_148188262039705_600738919_n

「雨がシトシト日曜日、僕は一人で〜」タイガースだったっけ、GSも遠くになりにけり。今朝は雨天決行、鈴木君と二人で〜(歌っていません)館山道を南下中。鶯が鳴き、目には色濃くなり水にしっとり濡れた青葉。風光明媚な房総半島です。


2013年06月19日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑦ 死刑再審無罪者に対する年金給付法案が成立


本日、参議院本会議にて、「死刑再審無罪者に対し国民年金の給付等を行うための国民年金の保険料の納付の特例等に関する法律案」が成立しました。この法案の骨子は、「死刑再審無罪者については、死刑判決確定後、国民年金の保険料の納付等の手続をとらなかったことがやむを得ないと認められることに鑑み、死刑再審無罪者に対し、国民年金の給付等を行うための特例等に関し必要な事項を定める」というものです。

 

死刑が確定すると、ほぼ社会に復帰する余地がありません。当然、年金保険料など納付しようとは思わないでしょう。しかし、冤罪で死刑判決が取り消された場合、保険料未納なため、年金の給付が受けられません。冤罪などありえないということで、今までは問題にされてきませんでしたが、実際に死刑確定者が再審無罪となる例が出てきたことから、この問題が現実の課題として浮かび上がってきました。

 

現在、救済の対象と考えられるのは、免田事件で1983年に再審無罪となった免田栄さんと、島田事件で1988年に無罪となった赤堀政夫さんです。

免田さんの場合、1949年に強盗殺人の容疑で逮捕、死刑となりました。1983年に再審無罪となるまでの34年間、勾留され続け、国民年金支給に必要な加入期間20年を満たすことができませんでした。もちろん、刑事補償は受けておりますが、34年分の人生の補償には程遠い金額であり、そこに無年金で暮らせとは国として無責任過ぎるのではないでしょうか。

 

民主党では、早期救済の必要性からこの法案の準備を進めてきましたが、田嶋要・衆議院議員などの甚大な努力により、本日成立させることができました。

 

このような人権侵害に対しての制度整備は必要でありますが、そもそも冤罪事件が起きてしまうこと自体が問題です。本来、国が国民の人権を守らなければなりません。取り調べ可視化法案の制定などで、国による国民に対する人権侵害が起こらぬよう、全力で取り組んでいきます。