BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2009年05月29日

街頭演説会


75-1

千葉駅東口の街頭演説会に、岡田克也新幹事長と参加しました。千葉県第1区の田嶋要衆議院議員、加賀谷健参議院議員、千葉市議会議員のくまがい俊人さんと、しがらみのない新しい政治を作ろうと訴えました。

岡田幹事長は、鳩山由紀夫代表を先頭に民主党は全員一丸となり、次の総選挙で政権交代するという思いで、全力で頑張ると表明。今の麻生政権を見ていて将来に希望があると思う方はほとんどいないだろうとして、15兆円の補正予算の多くが、箱ものをつくる公共事業や、埋蔵金の埋戻しのような基金に当てられたことを批判。
 景気の回復と将来の日本の役に立つ、賢い予算の使い方をしなければならないと主張、「一部の人が潤うような、古い自民党のやり方が、今回の補正予算でまた復活している。こういう政治を変えて、しがらみのない政治をやらないといけない」として、政権交代の必要性を訴えました。
 情報公開についても「決心さえすれば簡単だ」と指摘、官僚が情報を隠し、資料を出さないか、出しても真っ黒に塗りつぶされているような現実があるとして、しがらみのない新しい政治をつくり、情報公開を進めていく姿勢を示した。名古屋市長選やさいたま市長選の結果にも触れ、若い政治家に賭けて将来を託してほしいと民主党への支持を求めました。
 「市民一人ひとりが本当に変えていこうと思うところから本当の変革が始まる。大きいうねりを起こしてください。主役は皆さんだ」として、国民の皆さんが主役になる新しい政治を実現する民主党の姿を訴えました。

 千葉市長選挙候補予定者の「くまがい俊人」市議会議員は「目の前で千葉市の税金がムダ遣いされ、取り返しのつかない道を選ぶことは絶対に止めたかった」として、市議としても、31歳の若者としても、市の財政問題を見過ごせないと表明。具体的な政策で、税金をどう使うかを、そしてまちの将来の姿を示すと訴えました。
 また、若者や子どもたちに政治を身近に思ってもらいたいと主張、情報公開の必要性にも触れて、官僚任せから、95万人の千葉市民の力を生かした政治に変えていこうと訴えました。
 
 街頭演説会には、千葉県第2区の黒田ゆう総支部長、同3区の岡島一正総支部長、同9区のおくの総一郎総支部長をはじめ、多くの市議・県議も参加し、民主党の政策を訴えました。


2009年05月28日

ロシア議員団表敬訪問


74-1 74-2

このほど、観光における振興、法律、人材育成、リゾート開発に関する日本の取り組みを調査するため、ロシア連邦院青年問題・観光委員会ご一行が来日され、参議院の国土交通委員と懇談会を開きました。


2009年05月10日

インドネシア・ジャカルタ視察


71-1 71-2 71-3

インドネシア・ジャカルタで開催された第25回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議への参加後、ご一緒した国会議員の先生方と現地視察を行いました。会議はアジア太平洋地域から21カ国の国会議員、政府関係者、NGO、学者、企業人等々が参加し、ICPD(国際人口開発会議)行動計画がMDGS(ミレニアム開発目標)を達成するために重要な意味を持ちます。またそのプログラムを実行する際には常に人口問題を念頭に置かなければならないことを確認できた有意義なものでありました。
 
視察については、常々現地現状主義を標榜している私にとりましては、永田町では気づかないポイントを示唆してくれる貴重な場です。

バンドンではJICA派遣の専門家の指導により住民参加型の河川環境改善活動が行われていました。チタムル川流域には多くの貧困層が居住しており、生活雑排水、屎尿汚水等がタレ流状態。さらにゴミ投棄、産業排水の影響も大きく水質は劣悪でした。そこで地元のNGOが中心となって、8年間にわたりいくつかの集落で、生活排水処理の仕組みをつくり住民に公衆衛生を理解させ、ゴミ収集のシステムを構築し、集めたゴミを分別加工して手芸品を創作するなど老若男女問わず意識改革を行った上で自分たちの手で現状改善を続けている姿勢に心を打たれました。グラスルーツの努力が実を結ぶ日も近いのではないでしょうか。水問題は重要です。

ジャカルタではJICAが取り組んでいる円借款事業におけるHIV・エイズ対策の実状を見ました。この国では’99年以降HIV・エイズの患者が急増しています(30万人弱)。私たちが訪れた時はコンテナのようなスペースで工事労働者向けの啓蒙活動が行われていました。