BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2007年06月30日

市原市内を巡る


12-4

昨朝、五井駅にて岡島一正前衆院議員とともに演説をしました。

 

12-2 12-1

その後、小出譲治市原市議、菊地洋己市原市議、水野義之市原市議が合流し、市原市内を街宣しました。

 

12-3

この日は、与党が年金改革・社保庁改革・公務員改革の重要3法案を強行採決で成立させると言われていました。
与党は、年金・社保庁法案は厚生労働委員会で強行採決、公務員法案は委員会審議を行わないまま、本会議採決に持っていくという、予想以上に国民を無視した横暴極まりない行為をしました。
会期を12日間延長しておきながら、会期末まで1週間もある状況で審議をしないままの強行採決。与党は、自分たちの都合で、安易に選挙日程を先送りしただけとしか思えません。
どうして先送りにするのか。年金問題の熱が少しでも冷めるのを期待している、つまり、消えた年金問題を本気で解決しようとは思っていないのです。
そんな安倍内閣にはこれ以上、日本を任せられません。民主党はこの日、内閣不信任案を出しましたが、自民党は「筋違いで正当性はない」と言い放ちました。こんな感覚のずれた政府与党には早く退いてもらい、民主党がみなさんのために政権を取ります!


2007年06月28日

公開討論会IN松戸


11-1

11-2

本日、松戸市民劇場大ホールにて、参院選候補予定者による公開討論会が開かれました。

しかし、肝心の自民党の2人が欠席したのには、ご聴取のみなさんはもちろん、私自身もがっかりしました。年金問題をはじめ、国会では完全に与党対野党の構図になっているのに、公明党は立候補せず、自民党は欠席では、討論の場に与党がいなく討論にはなりません。国民のみなさんにとっては、候補予定者の生の声を聞き、それぞれの政策を比べられるまたとない機会であり、そういう場を欠席するという行為は、本来許されないことです。国民の代表になろうとする人が、国民が見聞きする機会を奪ってしまう、全く持って愚の骨頂ではありませんか。
みなさんの前に堂々と出てこれないような、後ろめたいことでもあるのでしょうか。

 

————————————————————
柏商工会議所 第68回通常議員総会

11-3 11-4

また、公開討論会の前には、三井サンガーデン柏にて、柏商工会議所の第68回通常議員総会に招いていただき、挨拶をさせていただきました。会頭の長妻和夫さんは、早稲田大学OB会の柏稲門会の元会長で、早稲田大学の大先輩であります。大変お世話になっており、日本商工連盟柏支部の名で推薦状を頂きました。
この後すぐに公開討論会だったので、お世話になっているにもかかわらず失礼とは存じましたが、懇親会に参加せずに退席させていただきました。にもかかわらず、200人以上の出席者からは暖かい拍手で送っていただき、感謝しきりです。本当にありがとうございました。

 


2007年06月28日

馬渕澄夫衆院議員、応援に来ました。


10-1 10-3

新松戸駅前にて

昨日、新松戸駅前、ダイエー新松戸店前および初石駅前にて、馬渕澄夫衆院議員と地元の太田かずみ衆院議員とともに街頭演説を行ないました。

10-2

ダイエー新松戸店前にて

本日は、与党が出した“形だけの”年金改革法案と社保庁改革法案が厚生労働委員会で質疑がされます。そして与党は、そのまま委員会での採決を強行するつもりです。  年金問題は国民のみなさんにとってとても重大であり、これだけ社会を混乱させている問題を、審議をろくにしないまま採決を強行するなんて、国民のみなさんを馬鹿にするにも程があります。政府や社会保険庁による「振り込め詐欺」。時効は延長するが、問題は自己責任で解決してくれという与党年金法案、社会保険庁を人員そのままで別組織に改変し、それまでの問題は知りませんよという与党社保庁改革法案、お金は使ってしまったのだから、今更不明があったからお金くださいと言われても払えませんよという与党の態度は断じて許せません。民主党は徹底抗戦します!

 

10-4

初石駅前にて

今、社会保険庁に出向いて自分の年金を調べてもらう方が大勢いますが、その中で、名前の入力間違いがみつかった方がいました。 しかしこの方は社会保険庁職員から、「すでに時効になっているのでお支払いはできません。民主党が反対せずに自民党案が通ればお支払いすることができます。」と言われたそうです。  騙されてはいけません。本来、年金は国が国民のみなさんの生活を保障するものです。それが国の瑕疵で支払われていなかったのですから、すべてが国の責任において行なわれなければなりません。  この暑い最中、何時間も並んでやっと話を聞いてもらえる、こんな状態ではいけないのです。時効は多少は延長するが、自分のことは自分で調べろという与党案ではなにも解決しません。


2007年06月23日

民主党千葉県連参院選勝利総決起集会を開催!


8-3

8-2

8-1

本日、千葉市・労働者福祉センターで、民主党千葉県総支部連合会主催の「参議院選挙勝利総決起集会」が開催されました。
集会には、党本部から、菅直人代表代行が駆けつけ、「千葉県で勝利することが、政治の流れを大きく変えていく事になる」と千葉県での戦いの意義を強調すると共に、600名を超える参加者に「力を合わせ、勝利に向けて共に戦い抜こう」と訴えました。

 

私は、「年金や負担増、官僚の天下りなど不透明な政治が国民のみなさんを苦しめている。『ガラス張り』を標語に掲げ、政治をクリアにし、みなさんが安心して暮らしていける社会を実現します。」と訴えてきました。会場からは「がんばれー!」との声が上がり、心強く感じました。

 

集会に先立って、党本部の政策アピールミュージカル が上演され、今の自民党政権では日本はダメになる、ますます国民が苦しんでしまうことを強く訴え、自民党政権から民主党政権の転換の必然性についてアピールしました。

 


2007年06月22日

朝の駅頭「千葉駅」


7-1

7-2

 

今朝は千葉駅前にて、白鳥誠千葉市議と街頭演説を行わせていただきました。

 

国会では、今日にも会期延長が決定します。政府与党は公務員改革法案を通すのが目的と言っていますが、この法案では天下りを防止することはできません。民主党が天下り全面禁止の法案を出しているにもかかわらず、わざわざ別の法案を出してくるということは、むやみに会期を延長させて年金問題を風化させたいとの目論見が見え見えです。
民主党は、年金問題の風化も天下りも許しません。みなさんのために絶対に参院選は勝ちます!


2007年06月21日

朝の駅頭「舞浜駅」


6-1

6-2

今朝はJR京葉線舞浜駅にて、矢崎堅太郎県会議員と堤昌也浦安市会議員とともに街頭演説をしました。ここ舞浜には「夢の国・ディズニーランド」があります。しかし今の政府与党は、国民を無視した法案を党利党略のために通過させるべく、国会の会期を延長しようとしています。そんなことが許されるはずがありません。このまま安倍政権が続けば、美しい国どころか「夢のない国・日本」になってしまいます。それだけはなんとしてでも阻止しなければなりません。

 


2007年06月17日

「消えた年金を取り戻せ」街頭演説会


3-2 3-33-1

 

昨日の15時より、浦安駅前広場にて、「消えた年金を取り戻せ」街頭演説会を行ないました。弁士に民主党国民運動委員長の野田佳彦衆院議員、社会保険労務士で年金の専門家である内山晃衆院議員を迎え、そして地元から村越ひろたみ前衆院議員、矢崎けんたろう千葉県議、堤昌也浦安市議もマイクを握りました。
年金問題は、皆さんにとってとても重大でかつ関心のある問題らしく、100人以上の方が立ち止まって聞き入っていました。

 

演説が終わるや否や、多くの方から年金相談を受け、そして悲痛な叫びを聞きました。ひとりひとり丁寧に対応させていただきましたが、この問題の重要性を理解できていない政府与党に改めて怒りを感じずにはいられません。
演説が終わってから1日経った今でも、事務所には年金の問い合わせが止みません。1日も早く政権交代に追い込み、みなさんのための政治、裏のない「ガラス張りの政治」を行なうために、頑張ってまいります!

 

熱弁を奮う弁士たち
上段左から
野田佳彦(衆)・内山晃(衆)
下段左から
村越ひろたみ(前衆)・矢崎けんたろう(千葉県議)・堤昌也(浦安市議)
※順不同敬称略


2007年06月13日

柏駅街頭演説会


4-1 4-2 4-3 4-4

 

昨日は枝野幸男衆院議員を招いて、柏駅西口デッキ上にて街頭演説会を行ないました。弁護士でもある枝野さんは弁論が上手で、年金など重要な諸問題をわかりやすく話していただき、多くの方が聞き入っていました。

 

私も柏は地元なので、いつもよりも気合が入り、熱弁を奮わせていただきました。

 

地元からは松崎公昭前衆院議員をはじめ、多くの議員の方が応援に駆けつけてくれました。そして200人以上の方が足を止めていただき、本当にありがとうございます。これからも頑張っていきますので、引き続きご支援のほど、宜しくお願い致します。


2007年06月09日

事務所開き


2-3 2-2 2-1

本日14時半から事務所開きを行いました。多くの支持者の方々に参加していただき、そして多くの議員の仲間が応援に駆けつけてくれ、本当にありがとうございました。

事務所が開かれたということで、いよいよ選挙モードに突入、心が引き締まる思いです。今の世の中は、年金問題をはじめ、おかしなことばかりです。日本新党で政権奪取したときの思いをまたここに、私が先頭に立って政権交代で世直しをします。みなさん、私を見ていて下さい。必ずやみなさんのために、やってみせます!

 


2007年06月07日

民主党パーティー


1-1 1-5党の2007年のパーティーが6日夕、都内で開かれ、夏の参議院選挙での勝利、国民のための政治の実現を誓い合った。  パーティーは、牧義夫衆院議員の司会で進められ、冒頭、北澤俊美副代表が、「参議院選挙で勝利し、与野党逆転、逆転の夏で、幸せの国作りへ同意いただきたい」と開会の挨拶をした。  小沢一郎代表が、来賓、来場の皆さんに謝意を述べた上で、「日本の政治、日本の将来の歴史を左右する参議院選。逆転の夏にふさわしい成果を挙げなければならない。全く国民を顧みない政治・行政が行われている。これを阻止、転換しなければならない。与野党逆転の大目標に向かって、国会を通じて、国民の声をさらに大きく広げ、自公政権を打倒しよう。政界に身を置き38年間、馬齢を重ねた。いま、日本の政治を変えなければ、日本は行き着くところまで行ってしまう。国民は見捨てられたままになってしまう。この夏の一戦に、政治生命の全てをかける」と力強く挨拶、夏の参議院選挙の勝利を誓った。

控室では、この大事な戦いの挑戦者たちと互いに称えあった。