BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2013年11月03日

同窓会


20131103b 20131103c 20131103a

今日の午後、秋の穏やかな陽射しの下、芝学園同窓会大会が開催されている母校に行ってきました。場所は神谷町、東京タワーのお膝元。私は東京タワーと同じ昭和33年生まれ、所謂「三丁目の夕日」の世代です。1977年卒で72回生です。今年2013年卒の人は108回ですね。歴史と伝統が校歌にも見て取れます。日比谷線で銀座~日比谷~霞が関~神谷町、中学・高校時代の私の通学コースでした。懐かしい。


2013年10月30日

結婚記念日


20131030b 20131030d 20131030c 20131030h

1988(昭和63年)10月30日、25年(四半世紀)前の今日、結婚しました。ついに銀婚式。女房殿ありがとうございました、今後ともよろしくお願いします。 閑話休題、竹鶴さんは空っぽになり友人から貰ったグレンファークラスの出番です。サッチャー首相も嘗て愛飲してたとか。普通ウイスキーは40度位でしょ、ところがドッコイこれは60度! シングルモルトのスコッチウイスキーです。強いのがお好き…^_^

 


2013年10月28日

永遠の0


20131028a 20131028b 20131028d

久しぶりに「竹鶴」にご登場いただきました。ウイスキーを飲みたくなるのは不思議と心に染みる映画を見た時が多いのです。そういえば映画鑑賞自体が久しぶり。愛と感謝と大和魂。


2013年10月20日

Go!Go!


20131020a

本当に多くの皆様から望外の祝福メッセージ、音楽等を頂戴し感謝感激です。今後ともよろしくお願いします。


2013年10月18日

長浜ラーメン


20131018a 20131018b

昨夕、本会議終了後羽田空港へ✈。目指すは夜の博多。日本青年会議所でともに活動していた頃(1991,2/平成3,4年頃かな)の仲間との同窓会に出席しました。あの頃から20年余、みんな立派な?正真正銘の?オジサンになりました。

〆は勿論「長浜ラーメン」。 今朝、千葉にトンボ帰りです。ちょっと眠〜い。。。


2013年10月16日

台風一過


20131016e 20131016d 20131016c

今、遅延した常磐線で柏に向かっています。台風一過、被災された方々にお見舞い申し上げます。上野駅への車中で、強風雨の影響でしょう、皇居お濠端の木の枝が落ちているのを見ました。自然災害の恐怖を人類は痛いほどわかっているはずです。それが地球温暖化による異常気象に伴うものであればそれは天災でしょうか、人災でしょうか。ふと、昨晩の嵐が嘘のような青空を見上げながらそんなことを考えています。来月には気候変動枠組み条約締約国会議が開催されます。


2013年10月09日

雨天の友


20131009c

今夜は昔の職場の仲間との食事会でした。永田町からも近い溜池の洒落たイタ飯屋さんで葡萄の皮も一緒に出来上がった無色ではない白ワインで乾杯。今夏の嵐を思い出しながらの苦い祝杯でした…。でも友人はありがたいですね、特に雨天の友は。


2013年10月07日

食欲の秋?!


20131007a 20131007b

どうしようかな、と迷ったのだけど思い切って久しぶりに食事の話題。昼食に発作的に鰻が食べたくなり目に入ったお店に独りでフラリと。ランチうな丼¥1500 お江戸日本橋にて。そうだ、夜は一昨日と同じ千葉の東天紅、大勢で中華料理。食欲の秋到来か⁈


2013年10月05日

生憎の雨


20131005a 20131005b

今日は毎年お邪魔しているみくに幼稚園の運動会でした。早朝に明日に順延とのご連絡をいただきました。元気な子供たちの笑顔が明日見られることを照る照る坊主さんに願っています。今、盛りを過ぎましたが白粉花が咲いてます。そして私の大好きな露草も片隅でひっそりと。雨に濡れた風情がいいですねぇ。暑い夏がやっと終わるのでしょうか…。


2013年10月02日

東京大学


20131002a 20131002b

今日は天下に冠たる東京大学に行ってきました。赤門は流石に風格がありますねぇ。霞が関のみならず永田町でも幅をキカせています(数が多いという意味)。世界の大学ランキングの上位に日本の大学が少ないことが気になっています。政・官・学・業の癒着といった一時代前の腐敗の構造ではなく、アカデミズムとビジネスあるいは政治・行政との新たなるクリエイティブな関係の構築が肝かなぁ。