BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2012年12月29日

衆議院選挙


275-1 275-2 275-3 275-4

千葉県内を走り回りました。


2012年12月29日

衆議院選挙を振り返って


274-1 274-2 274-3 274-4 274-5

衆議院選挙が終わり、千葉県では小選挙区で2人、比例区で3人が当選しました。
大変重い結果だと感じております。
環境大臣の公務の合間をぬって全国各地に応援に行きましたがいろいろな叱咤激励を受けました。


2012年10月28日

手賀沼エコマラソン


276-1

恒例の手賀沼マラソンが18回目を迎えました。
この地元の行事には欠かさず参加させていただいております。手賀沼マラソンの名前も有名となり、全国各地から参加いただき嬉しく思います。


2012年10月21日

ちばアクアラインマラソン


249-1 249-2 249-3

今年が第一回目となる「ちばアクアラインマラソン」の開会式に出席してきました。
木更津を発着点にアクアラインの海ほたるを折り返すコースで約14000人のランナーが参加されました。


2012年07月30日

高根台団地(船橋)と館山道を視察


227-1

週末を利用して高根台団地と館山道に行ってきました。
船橋市の高根台団地は昭和36年に建設された4650戸からなる大規模団地です。その老巧化した団地を、UR都市再生機構が20年の年月をかけて団地の再生を行っています。団地の中にあるサービス付き高齢者住宅「つどいの家」に入居されている大先輩とお話することが出来ました。最高齢は96歳。書道が上手なお爺さんは皆さんに優しくご指導をされているそうです。皆さんとても楽しく過ごされていました。

東関東自動車道館山道の木更津南JCTから富津竹岡IC間の高速道は現在2車線で、夏の海水浴シーズンなどはとても渋滞が多い車線です。その21㎞を渋滞緩和のため4車線にする計画について、ネクスコ東日本の方に君津PAより現地を見ながら説明を受けました。

途中の木更津PAのレストランで昼食に「ガウラーメン」を頂きました。ガウとは袖ケ浦のガウで、牛乳とバターの味付けで白いスープです。とても美味しかったです。
暑い中、休日にもかかわらず詳しい説明を頂きありがとうございました。


2012年07月28日

柏祭り


228-1 228-2

柏まつりに行ってきました!


2012年05月30日

八街スイカ


219-1

219-2

219-3

今日は地元であります蕨佐倉市長と北村八街市長、JAいんばの方々より八街スイカをたくさんいただきました。
とても甘くておいしかったです。


2012年04月09日

成田国際空港の視察


205-1

205-2

205-3

205-4

成田国際空港の視察に行ってきました。
過去に成田空港問題として反対闘争の悲しい歴史があり、これらの問題を抱えながら、現在アジアのハブ(拠点)空港としての機能を強化されています。
 2014年度には年間発着枠が30万回に増えるのを見据え、格安航空会社(LCC)専用ターミナルを建設し、LCCの受け入れによって地域や日本の経済活性化に結びつくのではないかと思います。
 少子高齢化の日本社会でも経済力の低下が懸念される中、今後は観光産業など力を入れ大きく発展するようにバックアップしていかなくてはなりません。


2012年03月24日

国政報告会に参加in一宮町


203-1203-2

衆議院議員金子健一先生の国政報告会に参加いたしました。
久しぶりの一宮町でした。この地域は、農業・漁業が盛んで生計を営んでる方々が多く、金子先生は農林水産委員として地元の声を国政へと懸命にフットワーク良く活動しております。この会合に足を運んでくれた各首長さんからも金子先生をたたえるお話が出ており、まさにこの地域の代表として細かく動いていることに心強く思いました。

私は内閣官房副長官の仕事の内容についてお話いたしました。なかなか皆さんにお話しする機会は無かったのですが、早朝から遅くまでの一日の流れや、総理の補佐としての仕事の重さ、APEC・G20など外交の話などさせていただきました。


2012年02月11日

柏の豊四季団地を視察


186-1186-2

野田総理に同行し「地域包括ケアシステム」について取り組みを行っている柏市に行ってきました。柏市は私にとって地元でもあります。
 豊四季台団地は1964年に日本住宅公団によって大規模団地としてできましたが、近年の問題として居住者の高齢化や生活スタイルの変化により、約4割が高齢者で40年後(2050年)の日本の人口の割合と同じです。
そこで住み慣れた地域に住み続けること柏市、東大、UR、医師会が協力し公民学連携による在宅ケアシステムの具現化を進めております。
 超高齢化社会に対応した団地をつくるために具体的手法として、

(1)地域のかかりつけ医が合理的に在宅医療に取り組めること

(2)サービス付き高齢者向け住宅と在宅医療を含めた24時間の在宅ケアシステム
(3)地域の高齢者が地域内で就労するシステムを構築し、自立生活を維持する

 日本は世界でも高齢者社会のフロントランナーですので、柏から日本そして世界にこのシステムを発信できるように力を入れて取り組んでいきたいと思います。