BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2013年06月20日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑧ 子どもの貧困対策推進法案が成立


昨日の本会議で、「子どもの貧困対策の推進に関する法律案」が成立しました。この法案の骨子は、「生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給等を行うための所要の措置を講ずる」というものです。

 

この法律の目的は、貧困の状況にある子どもたちの健やかな成長、教育の機会均等などを図ることです。そして、子どもたちが夢と希望を持って生活することができる社会の実現を目指します。

 

実際のところ、日本の子どもの貧困状況はどうなっているのでしょうか。ユニセフによりますと、日本の子どもの「相対的貧困率」は2009年時15.7%で、OECD35ヶ国中9番目、先進20カ国中ではアメリカ、スペイン、イタリアに次いで4番目に高い貧困率です。片親の家庭に限定すると、50%を超えます。また、日本の貧困な子どもたちは約305万人。先進国では、およそ10人にひとりが日本の子どもとなります。

 

驚くべき数字ですが、単なる数字のマジックで実際はそんなことはないだろう!と思う方も多いと思います。この「相対的貧困」とは、「社会において当たり前と思われていることをするのが困難となる生活水準」です。決して生きていくことが難しいほどの窮状ではありませんが、友達と遊ぶ、学校に行く、学校行事に参加する、家族旅行をする、といった「ふつう」の生活ができない状況です。標準所得の半分以下しかない世帯を相対的貧困と定義されています。

 

休みの日にお友達同士でお出かけしようと思っても、子どもを遊びに行かせるほどの金銭的ゆとりがない、金銭的理由で修学旅行に参加できない、いつも同じ服を着ている、毎日お風呂に入れない、などの例が挙げられます。このような状況ですと、いじめに遭ったり、他人の目を気にするなどで、不登校になってしまうこともあり、子どもにとって、まともな学校生活を送ることができません。

 

また、子どもの学力は、親の所得に比例するとまで言われています。大学などの高等教育への進学も所得と関係しますし、学習塾へ通わせられるかも、そうです。そしてそれは、大人になってからの就労や収入にも影響し、相対的貧困の中で育った子どもの、そのまた子どもたちも貧困状態になってしまう「貧困の世代間連鎖」に陥ってしまいます。

 

それでは、日本は今まで、どのような対策を採ってきたのでしょうか。

 

市場を通じて配分された所得の格差を是正する「再配分機能」というものがあります。税金や社会保険料を国民から徴収し、社会保障として国民に給付するということです。ユニセフによりますと、この「再配分前」と「再配分後」の貧困率を比較した場合、日本は下から3番目で、「再配分前」も「後」もほとんど変わらないという状況です。それどころか、以前には、むしろ「再配分後」に貧困率が上昇したときさえあります。これは、日本の社会保障制度に問題があります。社会保険料は誰からも徴収されますが、日本の社会保障の給付は、年金や医療へがほとんどで、主に高齢者への給付に回され、子育て世代には児童手当以外には還元されていません。

 

日本は「未来への投資」が非常に遅れています。子どもの貧困対策推進法案が成立はしました。しかし、これだけではまだまだ足りません。もっともっと、子どもたちの未来のために力を注ぐ必要があります。そしてそれが、輝きのある日本をつくることに繋がっていくのです。


2013年06月16日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑤ 父の日


【政策】父の日

 

安倍政権が進める財政・経済政策の基本方針、それが「骨太の方針」。ここには、基礎的財政収支の赤字を2015年に半減、2020年に黒字化するとの財政再建目標を掲げています。

 

ただ、そこには具体的施策には触れられていません。今までの流れの中で、医療や社会保障が犠牲になるのは目に見えています。

 

今まで日本は、関東大震災や2度の大戦で壊滅的状況になりましたが、大変な苦難の中、先輩方のご尽力で高度経済成長を遂げ、世界有数の経済大国にまで発展しました。今、私たちが暮らしていけるのも、諸先輩方のおかげにほかなりません。

 

そして、その先輩方は定年を迎えております。今度は私たち現役世代が、恩返しをしなければなりません。老後という言葉がいいのかわかりませんが、ゆっくりと休んでいただきたいと思います。

 

しかし、今、医療や介護、年金など社会保障が危機的状況です。休んでいただくどころか、より負担を強いていくような施策が自民党政権で採られていっています。もっと先輩方を敬わないといけないのではないでしょうか。

 

今日は父の日。今の日本を育て上げてくれた“お父さん”たちに感謝します。

 

もちろん、“お母さん”たちにも、です。


2010年09月24日

厚生労働副大臣の一年間を振り返って Ⅰ


KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA 116-2 116-3 116-4 116-5

この度の菅直人改造内閣の発足に伴い、厚生労働副大臣を辞し、民主党の財務委員長に就任させていただきました。心機一転、与えられた新たな任務に邁進して参ります。

昨年の9月18日に厚生労働副大臣を拝命し、皇居での認証式からちょうど一年。ご承知の方もいらっしゃると思いますが、私の座右の銘は「愛と感謝」です。その気持ちを携えて公務に誠心誠意打ち込ませていただきました。

そこでこの一年を振り返り若干の所感を皆様にご報告したいと思います。

9月、就任して10日も経たずに現地1泊の日程で、パリで開かれた「OECD雇用・労働大臣会合」へ参加致しました。政権交代後の新政権の雇用対策の考え方についてスピーチしました。

10月、厚生労働省を代表して政府税制調査会に参加しました。平成22年度の税制改正において、扶養控除の見直し、たばこ税率の引上げや一人オーナー会社課税制度の廃止など、納税者の視点に立った見直しを行いました。
医療機関に支払われる診療報酬を10年ぶりに増額改定をしました。医療行為や薬などの単価となる診療報酬は、医師の技術料などの「本体部分」と薬や医療材料などの「薬価部分」に分かれています。診療報酬を引き上げることで、医師不足が特に指摘されている産科や救急などの勤務医へ重点的に配分できます。
政治主導を掲げて民主党政権が発足し、一つ一つの政策を具現化することは容易なことではありませんでした。マニフェストの優先課題は「子ども手当て」、「年金改革」でありましたし、同時並行で国民の皆様の日常的な関心を集める医療・介護の諸問題も解決していかなければなかったからです。
長妻昭大臣に細川律夫副大臣(現大臣)、山井和則政務官、足立信也政務官そして私。この5人で何万人もの職員のいる役所で政治主導を発揮することは容易なことではありません。法案審議、予算審議を乗り切るためにまさに夜通しの缶詰状態の生活も体験しました。国会答弁にも立たせていただき、国民の皆様の信頼回復へ懸命の努力を続けてまいりました。


2010年09月24日

厚生労働副大臣の一年間を振り返って Ⅱ


115-1 115-2 115-3 115-4

4月に長妻昭大臣の代理で、ワシントンで開かれたG20雇用労働大臣会合に出席し、各国の雇用政策の好事例を発表し意見交換を行いました。G20ピッツバーグ・サミットの議長であるオバマ大統領に直接報告もしました。

5月にはスイス・ジュネーブで開かれたWHO総会で政府代表演説をしました。また、国際赤十字社の本部を訪問し、近衛忠輝日本赤十字社社長とお会いしました。

6月、菅直人内閣の発足に伴い、引き続いて厚生労働副大臣を拝命しました。厚生労働省の政務三役は全員再任でした。

原因が不明で治療が極めて困難な病気が日本には何千もあると言われています。難病を抱える方々のお話、認知症で苦しむ方々のお話が私の脳裏にしっかりと焼きついています。

厚生労働省を代表して多くの大会で挨拶をさせて頂きました。島根県松江市で、皇太子殿下もご臨席をされ「第46回献血運動推進全国大会」が開催されました。献血の推進に多大な功績を上げられた皆様に、表彰状をお渡ししました。

9月、後任の藤村修代議士に厚生労働副大臣の職を引き継ぎ、職員の皆様に挨拶をさせて頂き、厚生労働省職員の皆様に見送られ役所を後にしました。1年間という短期間ではありましたが、本当にお世話になりました。

政治に何が求められ、何ができうるのか。まさに政権交代後の政治主導のもとで、「愛と感謝」の気持ちを堅持しつつ全力疾走の一年間でした。この経験を更にスケールアップして国民が主役の政治を進めて参ります。

引き続きのご支援をお願いしますとともに、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしております。


2010年07月25日

久しぶりのシンガポール


113-1 113-2 113-3

私は国会議員になる前、少しの間ですがシンガポールで働いていた時期がありました。そのなじみでプライベートでもたまに遊びに行ったりしていましたが、今回は公務です。

7月22日から24日まで開かれる「第四回ASEAN+3保健大臣会合」に厚生労働副大臣として出席するためです。この会合は1997年のアジア経済・通貨危機を契機にASEAN諸国と日本・中国・韓国の枠組みで首脳会談が開催されました。その後連携が拡大し、2004年にASEAN+3保健大臣会合が初めて開かれ現在に至っています。
今会合では「健康な人々。健康な地域」をテーマに保健分野における共通課題や技術協力について意見交換しました。


2010年07月16日

献血運動にご協力を


114-1 114-2 114-3

昨日、島根県松江市に行ってきました。皇太子殿下もご臨席をされる「第46回献血運動推進全国大会」に出席するためです。大会は14時からでしたが、その前に皇太子殿下との昼食会も予定されており前泊しました。
私は、長妻厚生労働大臣の挨拶を代読させていただき、また、献血の推進に多大な功績を上げられた皆様に、表彰状をお渡ししました。
厚生労働省では、今後とも、安心して献血できる環境の整備などに努力してまいりますので、献血の推進に一層のご理解とご協力をお願いします。


2010年06月09日

皇居での認証式


111-1 111-2 111-3 111-4

この度、菅内閣の発足に伴い、引き続き厚生労働副大臣を拝命することになりました。厚生労働省の政務三役は全員再任でしたので、また長妻チーム5人で頑張っていきたいと思います。
                 
皇居での認証式は二度目でしたが、やはり緊張します・・・


2010年05月31日

世界禁煙デー


110-1 110-2

世界保健機関(WHO)は、昭和63年より毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定め、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう、全世界に向けて情報発信を行っています。今年は、テーマを「ジェンダーとたばこ」とし、また、関連するイベントを日本で開催しました。
厚生労働省内で行ったプレスカンファレンスでは、WHOのシン・ヨンス西太平洋地域事務局長をはじめ、バンクーバーオリンピック女子団体パシュート銀メダリストの小平奈緒さん(相澤病院所属(長野県・松本市))と世界へ向けて禁煙に関するメッセージを発信しました。
また、世界禁煙デー・タバコフリー「築地フォーラム2010」では、たばこ対策に取り組んでいる専門家によるパネル討論や講演に先立ち、挨拶をさせていただきました。


2010年05月09日

看護フォーラム


108-1

今日から一週間は看護週間とし、看護にちなんだ講演会やシンポジウムが全国で開催されます。5月12日はフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、「看護の日」と制定。
今日はその中央行事として看護フォーラムで挨拶させていただきました。今年で20回目になります。


2010年04月28日

時事通信社で講演


107-1

今日は時事通信社の401Kセミナーで講演してきました。
年金が主なテーマでしたが、日本の子どもの貧困率などをグラフにして子ども手当の意味や重要性もお話しさせていただきました。

厚労省としては社会保障を経済成長の基盤とし、日本の強みを生かした成長分野として医療や介護をあげています。
女性活用などの雇用、人材政策を重要として医療、介護、子育て関連サービスが拡大すると考えています。また年金が地域経済の所得や消費の大きな役割を占めていますので、こうした産業は地域密着型で地域産業を支え、社会保障による安心を実現すれば消費が増え経済成長に寄与する可能性があるのです。