BLOG

月別アーカイブ

カテゴリアーカイブ


長浜ひろゆきfacebook

長浜ひろゆきメールマガジン

メールアドレスをご記入の上、
"送信"をクリック。

      

長浜ひろゆき 柏事務所

千葉県柏市中央町5-21-705


大きな地図で見る
  • 民主党
  • ネット献金
  • 党員・サポーター募集

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 公式サイトの確認方法

2013年06月21日

孤独な群衆


946497_148427815349083_975741257_n 8559_148427842015747_8681426_n 9366_148427832015748_1364894162_n 1002234_148427862015745_1355985162_n

海浜幕張の天気は曇り。時間の移り変わりとともに乗り降りする人の数が大逆転の駅。早朝はは駅に向かう人の波、8時半を過ぎると潮目が変化。今度はオフィスビルに向かう駅からの人々。リースマンの「孤独な群衆」がふと脳裏をよぎった。


2013年06月20日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑧ 子どもの貧困対策推進法案が成立


昨日の本会議で、「子どもの貧困対策の推進に関する法律案」が成立しました。この法案の骨子は、「生活保護に至る前の段階の自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給等を行うための所要の措置を講ずる」というものです。

 

この法律の目的は、貧困の状況にある子どもたちの健やかな成長、教育の機会均等などを図ることです。そして、子どもたちが夢と希望を持って生活することができる社会の実現を目指します。

 

実際のところ、日本の子どもの貧困状況はどうなっているのでしょうか。ユニセフによりますと、日本の子どもの「相対的貧困率」は2009年時15.7%で、OECD35ヶ国中9番目、先進20カ国中ではアメリカ、スペイン、イタリアに次いで4番目に高い貧困率です。片親の家庭に限定すると、50%を超えます。また、日本の貧困な子どもたちは約305万人。先進国では、およそ10人にひとりが日本の子どもとなります。

 

驚くべき数字ですが、単なる数字のマジックで実際はそんなことはないだろう!と思う方も多いと思います。この「相対的貧困」とは、「社会において当たり前と思われていることをするのが困難となる生活水準」です。決して生きていくことが難しいほどの窮状ではありませんが、友達と遊ぶ、学校に行く、学校行事に参加する、家族旅行をする、といった「ふつう」の生活ができない状況です。標準所得の半分以下しかない世帯を相対的貧困と定義されています。

 

休みの日にお友達同士でお出かけしようと思っても、子どもを遊びに行かせるほどの金銭的ゆとりがない、金銭的理由で修学旅行に参加できない、いつも同じ服を着ている、毎日お風呂に入れない、などの例が挙げられます。このような状況ですと、いじめに遭ったり、他人の目を気にするなどで、不登校になってしまうこともあり、子どもにとって、まともな学校生活を送ることができません。

 

また、子どもの学力は、親の所得に比例するとまで言われています。大学などの高等教育への進学も所得と関係しますし、学習塾へ通わせられるかも、そうです。そしてそれは、大人になってからの就労や収入にも影響し、相対的貧困の中で育った子どもの、そのまた子どもたちも貧困状態になってしまう「貧困の世代間連鎖」に陥ってしまいます。

 

それでは、日本は今まで、どのような対策を採ってきたのでしょうか。

 

市場を通じて配分された所得の格差を是正する「再配分機能」というものがあります。税金や社会保険料を国民から徴収し、社会保障として国民に給付するということです。ユニセフによりますと、この「再配分前」と「再配分後」の貧困率を比較した場合、日本は下から3番目で、「再配分前」も「後」もほとんど変わらないという状況です。それどころか、以前には、むしろ「再配分後」に貧困率が上昇したときさえあります。これは、日本の社会保障制度に問題があります。社会保険料は誰からも徴収されますが、日本の社会保障の給付は、年金や医療へがほとんどで、主に高齢者への給付に回され、子育て世代には児童手当以外には還元されていません。

 

日本は「未来への投資」が非常に遅れています。子どもの貧困対策推進法案が成立はしました。しかし、これだけではまだまだ足りません。もっともっと、子どもたちの未来のために力を注ぐ必要があります。そしてそれが、輝きのある日本をつくることに繋がっていくのです。


2013年06月20日

あぁ 太平洋


1005573_148212578703940_1308374391_n 1017595_148212592037272_1934325379_n 5767_148212605370604_1760280081_n 5857_148212625370602_661562753_n

南房総の千倉。豊かな海の恵み。


2013年06月20日

朝の駅頭はお休み・・・


993758_148188198706378_287883042_n 390067_148188222039709_277175972_n 945931_148188285373036_43517768_n 1010457_148188262039705_600738919_n

「雨がシトシト日曜日、僕は一人で〜」タイガースだったっけ、GSも遠くになりにけり。今朝は雨天決行、鈴木君と二人で〜(歌っていません)館山道を南下中。鶯が鳴き、目には色濃くなり水にしっとり濡れた青葉。風光明媚な房総半島です。


2013年06月19日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑦ 死刑再審無罪者に対する年金給付法案が成立


本日、参議院本会議にて、「死刑再審無罪者に対し国民年金の給付等を行うための国民年金の保険料の納付の特例等に関する法律案」が成立しました。この法案の骨子は、「死刑再審無罪者については、死刑判決確定後、国民年金の保険料の納付等の手続をとらなかったことがやむを得ないと認められることに鑑み、死刑再審無罪者に対し、国民年金の給付等を行うための特例等に関し必要な事項を定める」というものです。

 

死刑が確定すると、ほぼ社会に復帰する余地がありません。当然、年金保険料など納付しようとは思わないでしょう。しかし、冤罪で死刑判決が取り消された場合、保険料未納なため、年金の給付が受けられません。冤罪などありえないということで、今までは問題にされてきませんでしたが、実際に死刑確定者が再審無罪となる例が出てきたことから、この問題が現実の課題として浮かび上がってきました。

 

現在、救済の対象と考えられるのは、免田事件で1983年に再審無罪となった免田栄さんと、島田事件で1988年に無罪となった赤堀政夫さんです。

免田さんの場合、1949年に強盗殺人の容疑で逮捕、死刑となりました。1983年に再審無罪となるまでの34年間、勾留され続け、国民年金支給に必要な加入期間20年を満たすことができませんでした。もちろん、刑事補償は受けておりますが、34年分の人生の補償には程遠い金額であり、そこに無年金で暮らせとは国として無責任過ぎるのではないでしょうか。

 

民主党では、早期救済の必要性からこの法案の準備を進めてきましたが、田嶋要・衆議院議員などの甚大な努力により、本日成立させることができました。

 

このような人権侵害に対しての制度整備は必要でありますが、そもそも冤罪事件が起きてしまうこと自体が問題です。本来、国が国民の人権を守らなければなりません。取り調べ可視化法案の制定などで、国による国民に対する人権侵害が起こらぬよう、全力で取り組んでいきます。

 


2013年06月19日

これから本会議


995813_147924435399421_1385701061_n 1000553_147924478732750_1492905643_n 1003972_147924452066086_2060492479_n

今日は桜、いや佐倉から。まもなく8:50発特急しおさい6号が入線します。これに乗り遅れると10時からの本会議に遅れてしまいます。お昼には奥野代議士関係の国会見学の方々とお会いします。今朝は雨はなく、風強し。


2013年06月18日

旧友にばったり


1006172_147620385429826_637022237_n 954853_147620405429824_167512665_n

今日は幕張駅からスタート。改札口の前には特急列車の座席が置かれていました。オアシスという喫茶店で朝食。梅雨の合間の晴天。小学校の同級生二人が声をかけてくれました。本間さん、太田君ありがとう。


2013年06月17日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑥ 小規模企業活性化法案が成立


【政策】小規模企業活性化法案が成立

 

本日、参議院本会議にて、小規模企業活性化法案(小規模企業の事業活動の活性化のための中小企業基本法等の一部を改正する等の法律案)が成立しました。この法案の骨子は、「小規模企業の事業活動の活性化を図るため、中小企業基本法の基本理念に小規模企業が我が国経済社会において重要な意義を有することを規定するとともに、小規模企業者の範囲の弾力化、資金調達の円滑化に係る支援等の所要の措置を講ずる」ということです。

 

民主党政権は、中小企業庁の中小企業政策審議会に「ちいさな企業」未来部会を設置し、個人事業主や小規模・零細企業の企業を対象とした活性化政策を議論していました。それまでの中小企業対策は、どちらかというと大企業に近い、それなりの規模がある中堅クラスに対してで、企業の成長、または拡大の支援となっていました。

 

しかし、日本の多くの企業は拡大志向をもたず、むしろ地域に密着した家族経営のような、いわば“生業”としている個人事業主で、この部分には対策は講じられていませんでした。日本が元気になるには、地域が元気になる、活性化する必要があります。そこで民主党は、中小企業対策の中でも、小規模な企業を支援することが必要不可欠と考えて、対策を議論してきました。

 

「ちいさな企業」未来部会は、従来の中小企業政策を、小規模事業者に光をあてた施策体系へ再構築することを提言し、法制度の改正が示唆しました。そして、民主党政権時に閣議決定した「中小企業憲章」の趣旨が盛り込まれて、本日、「小規模企業の事業活動の活性化のための中小企業基本法等の一部を改正する等の法律案」、いわゆる小規模企業活性化法案が参議院本会議で採決され、成立いたしました。

 

民主党は「暮らしを守る力」になりたいと思っています。国民ひとりひとりと向き合い、国民のため、地域のために、もっともっと頑張ってまいります!


2013年06月17日

これから本会議


1017084_147257422132789_1469719668_n 19883_147257438799454_402636022_n

新松戸から議員会館の自室に到着。恩師の著作や写真等が並んでいます。相撲の優勝杯を渡す瞬間。40kg超の重さ! 政治家は体力も必要。さぁ、これから本会議。


2013年06月16日

メルマガ「ガラス張りの政治」⑤ 父の日


【政策】父の日

 

安倍政権が進める財政・経済政策の基本方針、それが「骨太の方針」。ここには、基礎的財政収支の赤字を2015年に半減、2020年に黒字化するとの財政再建目標を掲げています。

 

ただ、そこには具体的施策には触れられていません。今までの流れの中で、医療や社会保障が犠牲になるのは目に見えています。

 

今まで日本は、関東大震災や2度の大戦で壊滅的状況になりましたが、大変な苦難の中、先輩方のご尽力で高度経済成長を遂げ、世界有数の経済大国にまで発展しました。今、私たちが暮らしていけるのも、諸先輩方のおかげにほかなりません。

 

そして、その先輩方は定年を迎えております。今度は私たち現役世代が、恩返しをしなければなりません。老後という言葉がいいのかわかりませんが、ゆっくりと休んでいただきたいと思います。

 

しかし、今、医療や介護、年金など社会保障が危機的状況です。休んでいただくどころか、より負担を強いていくような施策が自民党政権で採られていっています。もっと先輩方を敬わないといけないのではないでしょうか。

 

今日は父の日。今の日本を育て上げてくれた“お父さん”たちに感謝します。

 

もちろん、“お母さん”たちにも、です。